おすすめ記事
人間関係が良好であることが大切

チームワークを良くしたいならコミュニケーションを意識しよう

積極的にコミュニケーションを取る
更新日:

積極的にコミュニケーションを取る

積極的に声をかけることが大切

チームワークの良い施設はスタッフ同士の声かけが多く、コミュニケーションもしっかり取れています。コミュニケーションが上手く取れているとチームの一体感が増すので雰囲気も良くなりますよ。ただし、単純に声をかければいいというわけではありません。声かけの量と質に注意が必要です。
例えば、困っている人が目の前にいたらどのように声をかけますか?「何かあったら声をかけてくださいね」だと、新人や普段コミュニケーションをあまり取れていない人はかえって気が引けてしまいます。受け身の態勢でいるのではなく、「どうしましたか?」「何があったのか教えて?」と会話につながるように声をかけ、相手の話を聞くようにしてくださいね。

声かけの量を増やしていこう

積極的に声をかけてコミュニケーションを取っていくことが大切だとわかっていても、何をどうすれば良いのかわからない人もいますよね。まずは、毎日挨拶をし、気づいたらすぐに感謝の気持ちを伝えることを意識してください。その一言がきっかけで会話が続くこともありますよ。また、仕事内容について毎日一言で良いので何か話をしたり、メールや日報を見たら「読みました」とリアクションしたりするのもおすすめです。

ポジティブな言葉を増やそう

声は心理状態によってトーンが変わります。機嫌が悪い時はトーンが低くなり、楽しい時や嬉しい時はトーンが高くなったりしますが、周囲はわずかな声の変化を敏感に察知するので、意識して変えるのもひとつの方法です。笑顔で明るい声で話す、否定的な言葉を使わない、などを心がけるだけで大分違いますよ。

相手の心に響く声かけ例

忙しいと要点だけを簡潔に伝えがちですが、それでは相手に気持ちが伝わりませんし、一方的にいわれたように感じるので不快にさせてしまいます。どのように声をかければいいのか、場面ごとに紹介しますので参考にしてみてくださいね。
相手のやる気を引き出したい時は、「ミスしないように気をつけて」と否定するのではなく、「落ち着いて最後に見直せば大丈夫」と相手を肯定するように話しましょう。もし相手が躊躇しているようなら「早くして」と急かすのではなく、「何かあったらフォローするからね」「失敗しても大丈夫」と応援の気持ちが伝わるように声をかけると良いですよ。また、「頑張っているね」と相手の努力を誉める言葉や「○○さんのおかげでいつも助かっている。ありがとう」と存在そのものを認める言葉もモチベーションアップに効果的なのでおすすめです。

おすすめカテゴリ

なぜチームワークが大切なのか

なぜチームワークが大切なのか

チームで仕事をする心構え