おすすめ記事
チームを運営するためには信頼関係が重要

チームワークの中心となるのが介護リーダー

介護リーダーの存在が重要
更新日:

介護リーダーの存在が重要

主な仕事は?

そもそも、目指すべき目標が明確でなければどこに向かえば良いのかわかりませんよね?1人ひとり違う目標に向かっていてはチームとして成り立ちません。チームが同じ目標に向かえるように、「どのようにアプローチするか?」などの意見を集め、方向性を示すのがリーダーの仕事です。
また、チームには介護士だけでなく医師や看護師、理学療法士や栄養士、ケアマネジャーなど様々な職種の人たちが在籍していますが、視点や価値観の違いなどでぶつかることもあります。リーダーはメンバーの考えに耳を傾けて問題が解決するように手助けしていきますが、その際、介護士としての意見も整理してから他職種のメンバーに伝えるようにしましょう。利用者に一番近いのは直接ケアを行っている介護士です。介護士の情報を基に他職種の人たちが判断することも多いので、介護士としての意見を取りまとめて伝えるのもリーダーの役割ですよ。

必要なスキルは?

リーダーになるのに特別な資格は必要ありませんが、介護サービスの質を向上させるために施設全体を調整・管理することが求められるので、適切な介護方法や疾病・障害への対応方法など、幅広い知識が求められます。リーダーが適切な情報を提供してくれるからこそ、介護士は安心して働くことができるんですね。
介護の現場では事故や急変など予期せぬ事態が起こることがあります。経験の浅いスタッフは慌ててしまい、迅速に対応できないこともあるでしょう。でも、リーダーが落ち着いて冷静に判断してくれると介護士は安心して今やるべきことに専念できますよね。スタッフが適切に対応できるように導くのもリーダーの仕事です。冷静に判断する能力と臨機応変さも必要ですよ。
また、業務を円滑に進めるにはスタッフ間の情報共有や多職種との連携が欠かせませんが、そのためにはコミュニケーション能力が必須です。スタッフ全員に情報を正しく伝えるためにもメンバー1人ひとりとしっかりコミュニケーションを取っていきましょう。メンバーの様子をよく観察し、何か悩んでいるようなら早い段階で何かしらの対処が必要です。そのため、リーダーには観察力や傾聴力も求められています。
リーダーは利用者に適切なケアができるようにチームをまとめるのが主な仕事です。介護計画に沿ったケアを一貫して提供するためにはすべてのスタッフが同じケアを提供できる能力を身につけなければなりません。しかし、経験や年齢によって個人差があるため、リーダーは各スタッフの能力を把握し、効果的な指導を行う必要があります。しかし、いくら指導とはいえ尊敬できない人や信頼できない人の話を聞いても反発を生むだけです。それでは効果は上がりませんよね。適切な指導を行うためにはリーダーシップはもちろん、人間力も必要ですよ。

おすすめカテゴリ

なぜチームワークが大切なのか

なぜチームワークが大切なのか

チームで仕事をする心構え